Welcome to Yusuke Fuke's web site

福家悠介の個人ウェブサイトです。

ハイの対捕食者行動(Fuke, 2018)

研究内容

陸水生物に関する自然史研究を主に進めています。

 

インレー湖における淡水魚類の起源や進化に関する研究

ミャンマーの古代湖・インレー湖固有の淡水魚類を対象として、生物相形成過程や種分化、適応進化に興味を持ちながら研究を行っています。
現在は、タイワンドジョウ科の固有種Channa harcourtbutleri を対象に近縁種間や集団間の系統関係や集団ゲノミクスからその起源を推定しています。
他の固有種についても、様々な角度から順次研究を進めていく予定です。

ハーコート・スネークヘッド Channa harcourtbutleri


日本産テナガエビ類の系統分類学的研究

琉球列島をメインのフィールドとして、日本のテナガエビ類の基礎的な記載研究を行っています。
形態と分子データからテナガエビ類の隠れた多様性を明らかにしていこうと思っています。

ツブテナガエビ Macrobrachium gracilirostre


 

自然史の記載的研究

フィールドで遊んでいる時に見つけた新知見は可能な限りすべて世に出すように心がけています。
山から川まで、幅広くフィールドを楽しんだ結果生まれた副産物です。
研究者やマニアには知られている現象でも、文献を調べてみるとちゃんと記載されていないものが多く、そういった知見もどんどん報告していきます。

石垣島におけるアゴヒゲハゼの12年ぶりの記録(小林・福家,2017)


アカマタのリュウキュウヤマガメの初捕食例(福家,2016)


ページのトップへ戻る