Welcome to Yusuke Fuke's web site

福家悠介の個人ウェブサイトです。

除夜の鐘(知恩寺)

更新履歴

2023-04-02
学振PDとして国立遺伝学研究所の生態遺伝学研究室(北野研)に受け入れていただき、川えびの研究をメインワークに変えて進展させていきます。引き続きよろしくお願いいたします!
2023-01-25
共著論文が出版されました(Sawada and Fuke, 2022)。琵琶湖のカワニナ属の分類学的再検討の続編です。2新種の記載を含む長大作です。自分はMIG-seqによる遺伝解析のお手伝いをしました。京大からプレスリリースも出ています。
2022-08-31
えび論文カワニナ論文のプレスリリース(日本語)が京都大学のHPで公開されました。

2022-08-23
共著論文が出版されました(Sawada and Fuke, 2022)。琵琶湖のヤマトカワニナには3種の未記載種が含まれていることを遺伝解析と形態分析から明らかにして、タイプ標本に基づく名義種との比較を行い、トキタマカワニナ、チクブカワニナ、コンペイトウカワニナを新種記載した論文です。自分はMIG-seqによる遺伝解析担当です。オープンアクセス!
2022-08-14
琵琶湖周辺域におけるミナミヌマエビの再発見とシナヌマエビの分布拡大を報告した論文が出版されました! MIG-seq法によるゲノムワイド多型情報とmtDNA、定量的な形態データに基づいて琵琶湖周辺のカワリヌマエビ類の特徴を調べました。その結果、滋賀県で絶滅したと思われていたミナミヌマエビを約1世紀ぶりに発見すると同時に、外来種がシナヌマエビであること、広範囲に定着していること、在来種と交雑しているかもしれないこと、在来種と外来種は形態だけでは完全に区別はできないことを示しました。閲覧用のPDFリンクはこちら

2022-08-14
インレー湖周辺域の固有種、Microrasbora rubescensの遺伝的な地域分化と形態的保守性を報告した論文が出版されました! MIG-seq法によるゲノムワイド多型情報とmtDNA、幾何学的形態測定法による形態解析に基づいてインレー湖周辺域における本種の集団構造を調べました。その結果、本種は遺伝的に明瞭に分化した3つの地域系統から構成され、その分岐もかなり深い(〜270万年)ものの、形態的には分化が認められないことを示しました。止水環境への適応とニッチ保守性が分散と形態分化を制限したのかもしれません。

2022-04-28
4月27日に瀬戸海洋生物学セミナーで琵琶湖のカワリヌマエビ類の発表をしました。たくさんのコメントや質問、リアクションをいただけて嬉しかったです。深謝!
2022-04-05
共著論文が出版されました(Kano et al. 2022)。ミャンマーのホポン地域の魚類相を調べたら、インレー湖の固有種とされていた種がざっくざく出てきて、そのうち一部は遺伝的に分化していた!という内容の記載的な論文です。インレー湖との関係性について、今後さらに深めていきます。
2021-10-26
10月23–24日の甲殻類学会年会でミナミヌマエビとシナヌマエビに関する発表をしました(主著1題、共著2題)。日本のカワリヌマエビ類の実態がようやく明らかになりつつあります。共著の1題はありがたいことに優秀発表賞に選ばれました!
2021-08-30
福江島からミナミヌマエビを初めて報告した論文が出版されました.近年の日本のカワリヌマエビ類に関する混乱や問題点についてもまとめているので、興味のある方は是非御覧ください。オープンアクセスです。
2021-06-25
写真庫の琵琶湖のページに写真を追加しました。
2021-06-16
写真庫のプレビューに使用していたプラグインを変更しました。軽量化かつレスポンシブ対応したので、スマホでも見られるようになったと思います。
また、日本産の川えびのチェックリストを作成しました。まだ未完成なので、漏れやミスがあればご指摘ください。なにかの役に立てば幸いです。
2021-04-01
京都大学総合博物館に収蔵されている1世紀以上前のインレー湖魚類標本を再同定・報告した論文が出版されました! 1917年にインレー湖で最初に生物調査を実施したNelson Annandale博士が京都大学に寄贈したコレクションをたまたま発見し、共著者にご協力いただいて全個体の画像データをデータベースに登録しました。タイプシリーズも含まれている貴重なコレクションです。
是非御覧ください→リンク
2020-06-29
研究のページを更新しました!
2020-05-08
個人出版本「増補改訂版 琉球の爬虫両生類図鑑 沖縄諸島編」をBOOTHにて販売開始しました!
2019-10-01
日本甲殻類学会の第57回大会(10/19–20@海洋大)で発表します。初のエビノコバンネタです。
2019-07-29
第37回関西おさかな勉強会(8/23@京大)と日本陸水学会 第84回金沢大会(9/27–30@金沢大)で発表します。どちらもインレー湖ネタです。
2019-06-21
備忘録ページに日本産スジエビ属の種名リストを追加しました。完全に自分用の備忘録ですが、何かしらの役に立てば幸いです。スジエビ属研究者ではないのであしからず。
2019-06-15
業績ページの内容を更新しました。オオコノハズクによるガラスヒバァの捕食を報告した短報が出版されました。
2019-06-02
写真庫の沖縄島琵琶湖京都市外に写真を追加しました。
2019-03-23
写真庫にミャンマー・インレー湖のページを作成しました。2週間ほど滞在しましたが、気候も食事も生き物も自分に合っていて、素晴らしい場所でした。また、プロフィールを更新しました。
2019-01-05
あけおめことよろです。写真庫に滋賀県のページを作成しました。とりあえず魚だけ。(たくさん捕まえて食べたのに)アユの写真がなくて絶望しました。
2018-11-08
備忘録ページに日本産テナガエビ属の種名リストを追加しました。まさに備忘録で完全に自分用ですが、何かしらの役に立てば幸いです。全種についてDNAバーコーディングしてあるので、将来的にはそういった情報とも紐付けしたいと思っています。淡水エビ図鑑の分担執筆的な依頼こないかなぁ。
2018-10-31
業績ページに論文の正誤表を追加しました。また、写真庫の宮古島のページに写真を追加しました。
2018-10-04
10月6日〜7日の日本魚類学会年会でポスター発表します。ミャンマー・インレー湖の淡水魚類の起源に関する研究です。
2018-08-01
業績ページの内容を更新しました。日本初記録のテナガエビ属1種を報告した論文が出版されました!
2018-06-29
業績ページの内容を更新しました。
2018-05-21
写真庫の京都市外を作成しました。また、京都市内を更新しました。
2018-05-10
業績ページと写真庫の京都府のページを更新しました。
2018-04-20
沖縄県のやんばる地域における野生生物ロードキル問題の啓蒙活動が琉球新報とTV(NHK)で紹介されました。ヤマガメの方を作りました。ヤンバルクイナの方も仕上げ作業をお手伝いしました。
2018-03-29
写真庫の京都府のページに春っぽい写真を追加しました。
2018-03-19
沖縄島久米島トップページに写真を追加しました。
2018-02-22
黒バック標本写真の撮り方その2〜保存標本〜を作成しました。
何かしらのお役に立てば幸いです。
2018-02-04
写真庫の撮影機材ページを作成しました。これから中身増やします。
2018-01-31
研究備忘録Englishページを作成しました。まだ中身はほとんどありません。
2018-01-28
写真庫の京都府のページに冬っぽい写真を追加しました。
2018-01-27
写真庫のバンコクのページを追加しました。ようやく海外ページを作りました。
2018-01-10
今年もよろしくお願いいたします。業績のページを更新しました。
2017-11-27
写真庫の京都府のページに写真を追加しました。
2017-10-09
10月7〜8日の日本甲殻類学会大会@東大でポスター発表をしてきました。皆様ありがとうございました。色々なご意見を頂き今後の方針も定まりました。日本のテナガエビ類の整理と理解のためにこれからも頑張っていきたいです。
写真庫の石川県のページを追加し、京都府のページに写真を追加・入れ替えしました。
2017-08-21
写真庫の奄美大島石垣島のページを追加しました。
2017-08-20
写真庫の徳之島宮古島伊良部島西表島のページを追加しました。
2017-08-17
写真庫の沖縄島京都府のページに写真を追加しました。
2017-07-19
写真庫の小笠原のページを追加しました。
京都府のページに写真を追加しました。
2017-07-11
写真庫の京都府のページを追加しました。
2017-06-27
写真庫の屋久島久米島与那国島のページを追加しました。
標本写真の撮影方法についての解説ページを作りました。
現在は黒バック撮影だけですが、他にも追加予定です。
2017-04-30
写真庫を順次作成中です。沖縄諸島は久米島以外公開しました。
2017-04-07
サイトを公開しました。まだ未完成ですが、徐々にコンテンツを追加していきます。
2017-04-06
プロフィールページを更新しました。
2016-11-24
業績ページを作成しました。
2016-10-25
サイトを作成しました。
 
ページのトップへ戻る